弁護士が代理人になる

弁護士に相手方保険会社との示談交渉を行う代理人になってくれるように依頼をすることもできます。交通事故の解決では最終的に相手方保険会社と交渉をしなければなりませんが、一般的に相手方保険会社は個人との交渉では慰謝料などを低額にする傾向が高いものです。ですから交渉では弁護士に依頼をする方がはるかに高額の慰謝料などを受け取ることができるものです。

交通事故の最終的な段階である交渉の際に弁護士に依頼をすれば難しいことも考える必要はありません。ただ唯一デメリットとしてあるのが弁護士費用が掛かるという点です。どういった時に弁護士に依頼をすればいいのでしょうか。これは弁護士に依頼をして費用を払っても慰謝料のアップ額がそれよりも高額になるかどうかを考えればいいと言えます。弁護士費用を差し引いてもより多くの慰謝料を受け取れる場合には弁護士に依頼をした方がいいのです。

弁護士特約を任意保険につけている方は弁護士費用を支払わずに弁護士に代理人になってもらうことができます。一般的に300万円が限度額になりますが、この範囲内であれば無料で弁護士に代理人になってもらい、相手方保険会社との交渉を依頼することができます。交通事故の解決は非常にスムーズになります。