弁護士が代理人になる

弁護士に相手方保険会社との示談交渉を行う代理人になってくれるように依頼をすることもできます。交通事故の解決では最終的に相手方保険会社と交渉をしなければなりませんが、一般的に相手方保険会社は個人との交渉では慰謝料などを低額にする傾向が高いものです。ですから交渉では弁護士に依頼をする方がはるかに高額の慰謝料などを受け取ることができるものです。

交通事故の最終的な段階である交渉の際に弁護士に依頼をすれば難しいことも考える必要はありません。ただ唯一デメリットとしてあるのが弁護士費用が掛かるという点です。どういった時に弁護士に依頼をすればいいのでしょうか。これは弁護士に依頼をして費用を払っても慰謝料のアップ額がそれよりも高額になるかどうかを考えればいいと言えます。弁護士費用を差し引いてもより多くの慰謝料を受け取れる場合には弁護士に依頼をした方がいいのです。

弁護士特約を任意保険につけている方は弁護士費用を支払わずに弁護士に代理人になってもらうことができます。一般的に300万円が限度額になりますが、この範囲内であれば無料で弁護士に代理人になってもらい、相手方保険会社との交渉を依頼することができます。交通事故の解決は非常にスムーズになります。

有料で弁護士相談

弁護士の相談は無料の他にも有料での相談があります。この場合、相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼をすることを見越して行うものです。有料での相談なので、弁護士に依頼をすることを考えている場合には選択していいでしょう。有料の相談ではありますが、料金が発生するので弁護士が親切で丁寧に相談に乗ってくれます。相談の際には今後のことも含めて話をすることになります。

また今後相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼をしても大丈夫かどうかもこの時に考えてみてください。弁護士に相談をする際には弁護士の能力の他にも相性をチェックしなければなりません。人柄などを考慮に入れてこの弁護士に依頼をしても大丈夫だと思えば正式に弁護士に代理人になってもらうように依頼をするといいでしょう。

今では任意保険に弁護士特約というものがついている場合があります。これは特約なのでオプションになりますが、弁護士特約を付けておくと弁護士との相談料を保険会社が代わりに支払ってくれます。ですから実質無料で相談を依頼することができます。弁護士特約を付けている場合には交通事故に関する相談を弁護士にしてもいいのではないでしょうか。今現在弁護士特約を付けていない方は是非この特約を付けてみてはいかがでしょうか。

交通事故の無料相談

不幸なことに交通事故に見舞われた時にはわからないことも多いものです。交通事故というものは何度も経験をすることがないため、知識もない方が多く、そのためどのようにして解決をしていったらいいのかわからないものだからです。そんな時には専門の知識を有している方に相談をすれば速やかに解決に向けた方向性を考えていくことができます。交通事故相談ではまず無料の相談窓口に出向いて話をしていくといいでしょう。費用が掛からないので誰でも安心して相談をすることができます。

まず日弁連が行っている弁護士による無料の弁護士相談があります。日弁連交通事故相談センターと呼ばれるものですが、相談センターに行けば弁護士が専門知識を持って解決に向けて話をしてくれます。相談センターは全国各地にあるので住んでいる地域から最も近い場所を選択して訪問をするといいでしょう。ここでは示談に向けた話や具体的な賠償額の算定などを行っています。ただここでは相手方保険会社に対して交渉を行ってくれる場所ではないので、あくまでも解決に向けた相談に乗ってくれるだけになります。

住んでいる地域では弁護士が無料で交通事故の相談を行っています。ここでは交通事故の解決に向けた相談ができるので、無料で誰かに相談をしたいという場合には出向いてみる価値はあります。特に交通事故に強い弁護士と相談をすれば、簡潔でわかりやすく説明をしてくれるので心強く感じられることでしょう。

関連サイト[交通事故被害者救済サイト]